― 患者様を第一に考える、地域に根差したクリニックを目指して ―

地域連携

地域連携とは

医療機関との連携

当院では患者様のことを第一に考え、近隣の大学病院や総合病院、検査専門クリニックや民間病院などと連携しています。

例えば当院で診察した結果、病状が重く当院では治療が難しいと判断した場合、より大きく設備の整った病院に紹介状を書かせていただきます。

これは当院医師が診療を放棄するというわけではなく、患者様がより良い医療サービスを受け、治療方法の選択肢を広げて患者様が納得した治療を受けていただけるよう、医師が判断した上でご提案させていただいております。

また、大きな病院で手術などの専門的な治療を受けられ病状が落ち着いた後、当院でその後の通院治療を引き継ぐことができます。大きな病院は診療の待ち時間が長かったり遠方で通院が大変だったりと患者様に大きな負担がかかりますので、それを軽減するために当院が紹介されることがあります。

もちろん、患者様のご希望で紹介状を書かせていただくことも可能ですので、お気軽にご相談下さい。

 

 

訪問看護ステーションや居宅介護支援事業所(ケアプランセンター)、ヘルパーステーションなどとの連携

在宅患者さんの治療や適切なケアは、医療機関だけでは行うことができません。

ケアプランを作成してくれるケアマネージャーさんや、日常生活の様々な支援を行ってくれるヘルパーさん、在宅で看護ケアを行ってくれる訪問看護師さん、リハビリテーションを行ってくれる理学療法士さんなど、種々の職種の方とのチームワークが重要となります。

当院はこれらの職種の方々と積極的に連絡を取り合い、患者様の病状に応じて適切な治療やケアを行えるよう情報交換をしています。

例えば在宅患者様の病状が悪化したときなどは、当院へ情報が入りますので、まずは当院が往診を行ないます。

その上で検査が必要と判断すれば、ケアマネージャーやヘルパーさんに助けを依頼し、当院や近隣医療機関へ介助にて受診していただき検査を実施します。

検査の結果、在宅での治療が可能と判断すれば訪問看護師に依頼して在宅点滴などを実施し、治療を行います。入院治療が必要と判断すれば、当院で紹介状を作成して、入院先を探しながら、ケアマネージャーさんなどに協力を依頼し、入院前後の準備などのサポートを行っていただきます。

治療終了後、リハビリテーションが必要と判断されれば、在宅リハビリテーションも行います。

このように地域の様々な事業所と連携することで、軽度の疾患であれば入院しなくても在宅にて診察、検査、治療、リハビリテーションまで、全て完結しますし、入院されたとしても、速やかに在宅での生活を再開できるようになります。

今後、介護事業所との連携はますます重要となっていくと考えています。

患者様が安心して自宅で暮らしていけるように、日々努力しています。

 

 

 

the-device-1822457_1280

 

セカンドオピニオンについて

 

当院の治療方針以外の考え方や治療法を探したいとご希望の患者様には、セカンドオピニオンをご提案させていただきます。その際は当院での検査結果などの資料が必要になりますので、お気軽にご相談下さい。

医師はセカンドオピニオンを求めて他院を受診しようとする患者様を嫌がるようなことはありませんので、気兼ねなくセカンドオピニオンをご利用下さい。

 セカンドオピニオンとは

主治医ではない医師に、診断結果や治療方針の意見を求めることです。

他の医師の意見を聞くために別の病院を訪ねて新たに検査を受けるのは余計にお金も時間もかかってしまいますし、検査による体の負担も増えます。

当院担当医にセカンドオピニオンを受けたい旨を伝えると検査資料をお渡ししますので、再検査を受けることなく他の医療機関の医師に意見を聞くことができます(その際の診察料については保険適用外となると思われます。詳しくは受診先の病院へご確認ください)。

これにより治療方法の選択肢が広がるかもしれませんし、何より患者様自身が納得した上で今後の治療に専念することができますので、現状に不安をお持ちの方はセカンドオピニオンをご活用ください。

 

★ご注意

当院自身はセカンドピニオン外来は行っておりません。

当院の治療について、他院でセカンドオピニオンを求める際の情報提供について行っておりますが、他院の治療に対して、当院へセカンドオピニオンを求める形の受診については、申し訳ありませんがお引き受けしておりません。

ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。